• タブレットの有効活用は多種多様

    一般に広く普及しているタブレットはメーカも各種多彩ですし、対応アプリも日々リリースされています。



    現在の性能向上は日々見覚ましいものがあり、有効活用は多種多様にわたっています。

    企業では勤怠管理にタブレットを使う事もありますし、有効活用の一つに営業先などで使用するPCとして使う営業マンもいます。また最近は教育現場にて生徒一人一人にタブレットを支給し、授業や定期テストの解説などでタブレットを有効活用することも多く、実に多彩な活用方法があげられます。



    最近のタブレットは携帯性も随分と改良され、軽いものも多いですし、バッテリーの持ちも改善され、一度の充電で数日使えるものもあり、多くのビジネスシーンで強い味方となっています。



    ビジネスマン一人一人に個人パソコンを支給する場合は、その設備投資コストも多大となりますが、一般のパソコンに比べ価格も安いので、投資のコストを抑えることができるというのも大きなメリットです。

    また最近はマイクロSDカードなどのストレージも増設できますので、必要に応じて容量の大きいデータも扱うことが可能です。

    プログラマーやSE業務のサポート機器としてもその有効性が広く認められています。教育現場では先生が電子ボードに記載した内容が、生徒の手元の機器にリアルタイムで表示され、タイムタグのない情報のやり取りが可能であり、授業の進行状況の改善に役立つなどのメリットもありますので、今後教育現場での活用シーンは増えることが予想されます。