• タブレットは移動先で使う用途に優れています

    • ノートパソコンとタブレット端末は似て非なるものです。

      両方とも持ち運べるモバイル系のハードウェアですが、目的と用途が想像以上に違っています。前者は基本的にオフィスやビジネスシーンで活用されるハードウェアです。

      またOSは事務仕事に最適化されており、どちらかと言うとビジネスマンに最適なアイテムであり、エンターテインメント系は手薄です。



      一方で後者のタブレットですが、キーボードが付属していないため、文書作成の用途にはやや不向きですが、それ以外の点はノートパソコンよりも基本的に全ての面で上回っています。バッテリー性能もノートパソコンよりも上であり、無駄なパーツが付属していないため、軽量かつ薄型です。



      旅先や移動中で使う用途には最適であり、またキーボードが無いため、多少ラフに扱っても本体に誤タイプが起きる事はなく、また普通の鞄にも違和感なく素早く収納可能です。

      更にタブレットの弱点である文字打ちがやりづらいところも、今ではBluetoothキーボードの登場によって克服しました。



      普段は普通にスマートフォンのように製品単体で使い、EメールやSNS、そしてビジネス文書の作成といった文字打ちが必要になった時は、颯爽とBluetoothキーボードを取り出して、タブレット本体とリンクさせれば、簡易的なノートパソコンとして使えるようになります。
      USBが接続出来ないのがタブレットの難点ですが、それを標準装備されるBluetoothという無線規格が見事にカバーしています。

  • 知りたい情報

  • 納得の真実

    • タブレットの有効活用は多種多様

      一般に広く普及しているタブレットはメーカも各種多彩ですし、対応アプリも日々リリースされています。現在の性能向上は日々見覚ましいものがあり、有効活用は多種多様にわたっています。...

  • 納得の情報・ITの基本知識